http://digitalchili.org/

“抜毛の際、家庭用抜毛入れ物を使用することにより、髪の毛が素肌の中に埋没してしまうことがあります。
これは、素肌から同時に髪の毛を引き抜いて仕舞うことにより、抜いた後の毛孔がわずかに傷つき、その損傷が治癒するら毛孔をふさいで仕舞う、或いは、髪の毛のコーナーが鋭利な特徴に切断されてしまった為に、毛孔ではない素肌の中に刺さって侵入してしまうことで生まれるという事柄だ。剃刀などでも発生しますが、家庭用抜毛入れ物を通じて処理をするときのほうが、起こりやすいと言われています。
http://digitalchili.org/
そのため、家庭用抜毛入れ物による場合には、抜毛メンテナンス後に充分素肌のケアをするため防がなければならないのです。
埋没髪の毛は、毛孔の素肌が鳥肌状に荒れてしまう原因になると言うだけでなく、丸ごと見逃し続けてしうことにより、素肌の中で分離されて、色素が付着してしまう場合もあります。
ですから、色素が付着する前に、埋没髪の毛をメンテナンスしなければならないのです。
必ず髪の毛を引きずり出すという自己処理では、かえって素肌を傷つけてしまう結果、レーザー抜毛によることが効果的です。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です